弊社の台本製本化までの流れについてご紹介いたします。

台本作成の流れについて

弊社の台本製本化までの流れについて、ゲームのキャラクターボイス収録(CV音声収録)を例にご紹介いたします。

台本を1つの統括台本にまとめるのは、台本の組み立て方によっては、大変手間のかかる作業になります。
しかし初期段階で、台本を統一化しマスター台本を作成しておけば、収録に役立つばかりでなく、のちの開発リスクを防ぎ、漏れやダブリを防ぐルール付けをするためにも、とても役立つ作業です。
すっきりした統括台本があると、全体のストーリーを見渡したり、ライティング的に伏線を確認するにも役立ちます。
慣れてきたら、台本を作る作業というのも、とても効率的に行うことができるので、クライアント様にはとても喜ばれています。

STEP01

  • クライアント様よりエクセル等で台本の原本をいただく

  • エクセルのテキストベースの台本をいただくことが一般的でございます。
    多くの場合、場面ごとやキャラクターごとのセリフ等にシート等が分かれていただきます。

STEP02

  • 統括台本(1シート)に全セリフをまとめ、管理をする

  • いただいた台本から、統括台本を作ります。
    統括台本とは、収録が必要な「全キャラクターの全セリフ」が1つのシートに掲載されたものになります。
    全体台本と考えていただければと思います。

    主にゲームのボイス収録の場合、1つのセリフに対し収録現場において必要な項目として

    ・納品時のファイルID
    ・キャラクター名
    ・トーン・話し方(ニュアンス)
    ・セリフ

    などがございます。

    お客様からいただいた台本を、統括台本にまとめ、収録に必要な項目に不足はないか、ご確認させていただきます。

    また、統括台本としておまとめすることにより、収録までの期間に当初の台本からセリフ変更等が発生した場合も、ステータス管理することができます。

    変更漏れ、収録漏れなどの防止のために、統括台本の作成・管理が必要になります。

STEP03

  • 弊社の台本製本化ツールによって収録用台本を作成

  • 統括台本から、弊社独自の台本製本化ツールを使い、収録用台本の作成を行います。
    各キャスト様ごとに作成し、収録用台本を配布いたします。

    上記2の必要項目以外にも、案件によっては別の項目が出てくる場合があるかと思いますので、
    それらの項目も臨機応変に対応し、収録用台本へと反映、製本化いたします。

※統括台本をクライアント様で作成いただける場合※

お問い合わせフォームの無料お見積りにて「●統括台本作成をクライアント様でご用意」をご選択いただいた場合、1、2の製作作業工数がカットされますので、お見積りをお安くすることが可能です。

お見積りいただいた方に、【統括台本のテンプレート】をお渡しいたします。是非ともご検討ください!

お電話でご希望の方:03-6550-8130【平日10:00~19:00】